ロゴ

1人で悩まずに弁護士に相談したほうが良い問題について

借金で長年苦しんでいる、家族信託などの相続で揉めていて困っている。そんな悩みを一人で抱えず、まずは弁護士に相談をしてみませんか。自己破産や相続に詳しい弁護士なら、あなたの悩みを解決する方法をアドバイスしてくれ、無理のない方法を提案してくれます。

弁護士に相続相談をしておいた場合と相続相談していなかった場合の違い

弁護士に相続相談をしておいた場合

弁護士に相続の相談をしておいた場合、メリットがいくつかあります。例えばあらかじめ前回の相談で相続についての悩みを弁護士に打ち明けていることで、相続トラブルの対応がスムーズになるからです。

弁護士に相続相談をしなかった場合

トラブルになって駆け込んでも、相談の前歴がなく対応が遅くなってしまう場合もあります。また法律に全く詳しくない人同士が解決をすると逆に損をしてしまう可能性も出てきてしまい、その後しっかり手続きをしようにもややこしいことになりかねません。

弁護士に依頼する時に気をつけておくこと

弁護士は、全て同じという訳ではありません。離婚問題に詳しい弁護士もいれば刑事事件に詳しい弁護士など、それぞれ得意分野が出てきてしまいます。そして経験実績が豊富な弁護士がいいでしょう。あらゆるデータの中から、あなたにぴったりな解決策を提案してくれるはずです。まずは無料相談へ足を運んでみましょう。

こんなことも!弁護士に依頼して解決できたトラブルランキング

書類を見る
no.1

低い金額で遺産分割協議に成功

被相続者との間に子供がいない場合、被相続者の兄弟と妻もしくは夫と遺産を分け合うことになります。この遺産分割で揉める家庭が非常に多く、遺産分割をするまでかなり話が難航するのですが、弁護士に相談をしたことで、低い金額で遺産分割協議が成功したという声が聞かれます。

no.2

知らなかった隠れ預金が発覚!

親が亡くなり、その後相続をするものもおらず遺産分割について親族と相談をしようとする人がいます。そんなとき、遺品整理で隠れ預金が発覚することも!実は、この預金についても分け合う金額で揉めることがあるようです。そのような場合も弁護士に相談をしておきますが、預金も含めて全ての財産を誰にどれだけ渡せばいいのか、というアドバイスをしていただけるでしょう。アドバイス通りに動くことで、無事解決することができるようです。

no.3

遺産のお金を巡る争いを無事解決

よくある話ですが、遺産で親族同士が揉めることが多く、弁護士に相談する悩みで最も多い案件となります。この場合も弁護士が間に入り、トラブルの内容を聞くことで法的にどうすればいいのか、しっかりと伝えて納得いかない人を出さないよう遺産分配や家族信託についてアドバイスをします。

弁護士に相談すると長年の悩みが解決する【法律のプロは頼もしい】

男性弁護士

腕の良い弁護士をリサーチする方法

弁護士に相談をするなら、腕のいい方に任せたいと答える人が多いでしょう。特に遺産などでもめている場合、やはり経験豊富な弁護士の方が安心感もあってその後もスムーズに解決できるからです。腕のいい弁護士を探す方法として、無料相談窓口へ相談する方法もあります。無料相談窓口を受け付けている機関では、回数制限はありますが、悩んでいることを弁護士へ相談をすることが出来、その相談にぴったりな弁護士を紹介してくれます。他にもインターネットの口コミサイトを利用する方法もあります。

弁護士に依頼するなら大阪で有名なこちらへ?

産廃業許可の申請には経験豊富な行政書士に相談を◎

慰謝料の相場金額を事前にcheck☆

名古屋の行政書士に相続問題を依頼しよう!

交通事故トラブルは大阪の弁護士事務所に相談☆

広告募集中